会社概要


代表挨拶

代表

代表取締役

別府 肇

 日本は高齢化社会へ突入し、日本全体の人口は減少傾向で、地方は過疎化が進む中、逆に高齢者と若年層を中心に都市回帰が高まり、人が大都市、地方都市へ集中することで賃貸市場は拡大の傾向にあります。
高齢者や若年層の賃貸利用率が増えることで、物件や入居者本人に対するリスクは現状の賃貸市場より増えることが予想されます。
 このような状況において、賃貸住宅入居者向け家財保険は、貸主に対する賠償責任も補償範囲に含まれており、入居者が抱える物的リスクや費用リスクを軽減できる商品であるので、貸主・借主双方に安心をもたらすことが出来きます。
このことは保険業法の基本原則である「国民生活の安定と国民経済の健全な発展」という趣旨からしても、意義のある商品です。
 弊社は「お客様にとって真に必要な補償とは何か」を考え、検討を重ねた結果、これまでに蓄積したお客様の意見を反映した新しい家財保険商品を作るべきだとの考えに至りました。
 入居者のニーズに合致した家財保険商品を市場に供給することで、社会的な役割を担い、最終的に家財保険加入率100%とすることが、弊社の社会的使命だと考えます。

会社情報

商号 日本ワイド少額短期保険株式会社
登録番号 福岡財務支局長(少額短期保険)第5号
本店所在地

〒818-0083 福岡県筑紫野市針摺中央2丁目16-8 3階

設立 平成26年6月6日
資本金 9,500万円
資本準備金 3,500万円
代表 代表取締役 別府 肇
決算日 3月31日
TEL 092-983-8014
FAX 092-983-8016
反社会的勢力に対する基本方針

当社は、適切かつ健全な少額短期保険事業を行うにあたり、2007年6月19日犯罪対策閣僚会議幹事会において決定された「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」等を遵守するとともに、当社規程等に準拠して、反社会的勢力に断固たる態度で対応し、関係を遮断するために、以下のとおり「反社会的勢力に対する基本方針」を定めました。

1.取引を含めた一切の関係遮断
当社は、反社会的勢力排除に向けた社会的責任、および反社会的勢力により当社、従業員および顧客等が受ける被害防止の重要性を十分認識し、反社会的勢力との関係遮断を重視した業務運営を行います。

2.組織としての対応
当社は、反社会的勢力に対しては、組織的な対応を行い、従業員の安全確保を最優先に行動します。

3.裏取引や資金提供の禁止
当社は、反社会的勢力に対しては、資金提供や事実を隠蔽するための不適切・異例な便宜供与を一切行いません。

4.外部専門機関との連携
当社は、反社会的勢力への対応に際し、適切な助言・協力を得ることができるよう、平素より警察、全国暴力追放運動推進センター、弁護士などの外部専門機関等との連携強化を図ります。

5.有事における民事および刑事の法的対応
当社は、反社会的勢力からの不当要求等に対しては、民事と刑事の両面から、積極的に法的対応を行います。